版元ドットコム「版元日誌」掲載について

「版元ドットコム」は、JPRO(JPO出版情報登録センター)への情報提供サポートや、電子書籍出版の仲介など、さまざまな形で出版事業を支援してくれる、私のような者にとって非常にありがたい組織だ。

版元ドットコムで書誌情報を登録すれば、それがJPROに送信されて、そのまま日本中のネット書店や書籍データベースに商品として掲載される。その速度と情報が届く範囲の広さは、版元ドットコム会員になって2年ほど経った今でも、毎回感動してしまうほどだ。学而図書のような零細ひとり出版が、一応それなりに出版社っぽく見えることには、版元ドットコムの力が大きい。

今回、その版元ドットコムで連載されている「版元日誌」への投稿をお誘いいただいた。この日誌は、精力的に活動している版元の方たちが、その時々に興味深い話題を語ってくれるコーナーで、私も会員になって以来ずっと愛読し続けている。確かに50音順で依頼が来ると聞いてはいたが、自分にもお鉢が回ってくるとは考えていなかった。

正直なところ、いつ消滅してもおかしくない零細事業であり、きわめて個人的な動機で創設された学而図書が、あの版元日誌に寄稿などしてよいものかどうか、ものすごく迷った。だが、次の順番が回ってくるまで生存している自信もないし、せっかくのご依頼をお断りするのも何だか申し訳ない。私は覚悟を決め、この出版社っぽく見える事業が、いかに小さな理由と最小限の規模で創設されたものかを、包み隠さず述べようと考えた。

……その結果として、なぜか、ものすごく文章が長くなってしまった。どうして、私はもっと短く物事をまとめられないのだろう。キャッチフレーズであれ宣伝文句であれ、いつも長々しくなってしまうから広告力が身につかないのではないか。私はそうやって、いつも反省ばかりして生きている。ただ、やらないで後悔するより、やって後悔したほうがよいと何かで聞いたような気がするし、これでよいのかもしれない。

そんなわけで、本当に僭越ながら、「版元日誌」に学而図書の日誌をご掲載いただいた。この場をお借りして(このマイナーなブログに立ち寄る方はほとんどいないとは思うけれど)、寄稿をご依頼いただいた版元ドットコムの皆様に感謝をお伝えしたい。いつも出版活動を支えていただいて、ありがとうございます。

(学而図書 代表 笠原正大)

関連記事